家庭生活
昼夜逆転の生活リズムを戻す方法

ADHDを持ったお子さんや不登校になっているお子さんにありがちなのが昼夜逆転の生活リズムになってしまうことです。こういった症状に陥ってしまうと元の生活リズムに戻すのは簡単ではありません。 そういったお子さんの生活リズムを […]

続きを読む
学校生活
生徒の疑問「髪の毛」

高校野球を見ていると丸刈りである生徒が多いのですが、まさに高校球児のトレードマークになっていました。ところが日本学生野球憲章でも「頭髪に関する規定は一切ない」とされています。高校球児が丸刈りなのは「伝統だから」、「野球に […]

続きを読む
心理学
図と地の心理学

ゲシュタルト心理学の図と地(figure and ground)の心理学では、私たちがある事柄に直面したとき、知覚(認識)の焦点が合わされる図と知覚の焦点から外れて背景になる地とがあります。図と地の境界線が極端に曖昧にな […]

続きを読む
支援カウンセリング
不登校カウンセリング(実践例①)

この実例となっている相談内容に関しては、相談者から許可を頂いて一部の内容を変更して公開しています。なお、もう少し詳しい相談内容が書かれていましたが、事情により簡潔な文章にまとめ直しています。 ■ 母親からの相談 中学二年 […]

続きを読む
心理学
心理学用語①

不登校問題を抱える保護者の方はもちろん、これから心理カウンセリングを受けようと思っている方も少しは心理学用語を知っているとカウンセラーと話しやすく理解しやすくなります。自己分析においても、基本的な心理学用語を知っていれば […]

続きを読む
子育て
喫煙をする子どもへの対応

中学生ともなると周囲で喫煙を始める生徒もいます。現代の社会では小学生までが喫煙をしたという話も聞きます。こうなれば学校の先生だけでなく両親や家庭環境にも問題になるでしょう。もちろん未成年が喫煙をすることは法律違反になりま […]

続きを読む
学校生活
男女差別の激しい先生

ここでは私が実際に体験したことを語りつつ、現在の私の観点からその事柄に関する意見や見解などを述べていきます。 5年生になると担任が変わったのである。それは男の先生なのであるが、私にとっては楽しい、明るい、おもしろく冗談も […]

続きを読む
不登校
子どもの嘘と防衛機制

防衛機制とは受け入れがたい状況や感情に直面した時に、無意識的にその不安を軽減しようとして、自分の心を守ろうとする防衛反応のことで、精神分析で用いられている心理用語の一つです。 防衛機制という観点からみると、お子さんがウソ […]

続きを読む
不登校
行動療法における不登校の解決法

行動療法とは相談者の心の中にある原因を探るのではなく、目に見える行動を変化させることを目的とした心理療法です。たとえば学校に行くのが嫌だというお子さんに対して「学校に行きたくなるまで待っていよう」というのは、学校に行くの […]

続きを読む
心理学
不登校問題の家庭で起こりやすいドラマ三角形

■ 心理ゲームとは 交流分析を提唱したエリック・バーンは、表面上はもっともらしい説明や言い訳をしていながらも、心の奥では自分でも気づいていない真の動機や目的が隠されているコミュニケーションを行うことを心理的なゲームをして […]

続きを読む